山雅房発行図書の一部【1】【2】
←前の項に戻る

『鎮守の杜の神々』
(ちんじゅのもりのかみがみ)
亀山神社宮司 潮 武臣

●定価 3,800円(税込)/送料奉仕


【本書の概要】

山里の鎮守様の神主がつづった神異霊験談。おもしろさに引き込まれ、一晩で読みきるほどである。さわやかな読後感が心地よい。

このページの上へ戻る

『修道点滴』
(しゅうどうてんてき)
ー 隠仙の生涯紫龍仙真全記 ー
勅使河原大鳳

● 定価 4,000円(税込)/送料奉仕


【本書の概要】

神界から地上の人間世界に下ってきた神人を流謫(るたく)という。宮地水位仙と同様に、紫龍仙もその流謫の一人であった。その半生を高弟(勅使河原大鳳)がつぶさに記録した貴重な伝記である。

『諸祭神名総覧』
(しょさいしんめいそうらん)

佐藤三郎著・河野省三校閲
(國學院大學学長)

● 定価10,000円(税込)/送料奉仕

【本書の概要】

この神名辞典を著わしたのは國學院大學の卒業生、佐藤三郎だった。画期的な神名辞典ということで、感銘を受けた河野省三が校閲の筆を執った。

収録されている御神名や神社の御祭神、故実来歴、民俗儀礼、冠婚葬祭、歴史などは、ことごとく『古事記』『日本書紀』をはじめとする神典から引用されている。
出典の明確さ、引用の正確さ、表現の平易さ、校閲の信頼性において、本書の右に出る神名辞典は見当たらない。

このページの上へ戻る

『世界は日ノ本に帰る』
ー 大祓の霊的釈義 ー
村山悠作

●定価 18,000円(税込)/送料奉仕


【本書の概要】

『タマシイの安定は鎮守様から』の村山先生が残した、大祓詞の釈義の金字塔。

『大祓入門』
勅使河原大鳳

●定価 3,000円(税込)/送料奉仕


【本書の概要】

大祓詞のイロハから説いた入門書。

このページの上へ戻る

鴻濛字典』
(こうもうじてん)
宮地水位著

●復刻版/菊判/上製/箱入/180頁
●定価 5,000円(税込)/送料奉仕

【本書の概要】

宮地水位仙が残した幽界文字の記録。本書に収められている幽界文字は、単なる古代文字のことではなく、現在も幽真界(神界と高級幽界)で使用されている。

『国魂神の冥護』
(くにたまがみのめいご)
勅使河原大鳳

新組/四六判/上製/箱入/420頁
●定価5,800円(税込)/送料奉仕

【本書の概要】

わたしたちにいちばん身近な神は産土神である。産土神は、実は、国魂神(くにたまのかみ)の下で働いている。いうなれば、国魂神は産土神の上司である。国魂神の働きをつぶさに解明した名著ここにあり。

沙庭とサニハ的思考』
勅使河原大鳳

●定価 5,000円(税込)/送料奉仕

【本書の概要】

サニワとは、相手の正邪・高下を一瞬に峻別する技術のことを指す言葉である。サニワの基本が満載されている。

このページの上へ戻る
山雅房発行図書の一部 【1】【2】